4300kは暗く感じた

FJクルーザーのHIDのバルブが3年で寿命となりましたので、交換に際しては同じユアーズの55wの4300kを購入しました。

 

装着して一番に感じたことは前回装着していた4300kのバルブよりもかなり黄色く感じました。

 

HIDのバルブが注文して到着するまでは純正のハロゲンバルブを装着していたのですが、純正と同じほど今回のHIDのバルブは黄色く感じました。

 

色のためか明るさも55wとしてはそれほど明るく感じないのです。

 

切れてしまった当初のHIDバルブの4300kの方が明るく、白く感じました。

 

雨天での見やすさが良いと思いましたのでそのまま7ヶ月使用しましたが、今回もう少し白い6000kにしてみようと思い、55w6000kの交換用バルブをユアーズで購入して付け替えてみました。

 

 

6000kは意外と青くない

今回6000kのバルブを装着して感じたことは意外と青白くないということです。

 

HIDのバルブの色は製品によってばらつきがあるということを聞いたことがあります。

 

今回同じユアーズのHIDバルブを3回購入してみて、個人的な意見ですがやはり同じケルビン数のバルブでも色が違うと思いました。

 

そして今回購入しました6000kのバルブは白いといったもので、決して青白いものではありませんでした。

 

明るさは4300kのバルブに対しまして明るくなったように感じました。

 

この色であれば雨天時も4300kのバルブと同じほどの視界を確保できるのではないでしょうか。

 

青白いHIDが希望なのでしたら8000kが良いでしょう。

 

ただし明るさはどうなるのかは分かりませんが。

 

 

4300Kはやはり黄色いということがわかるのではないでしょうか。

 

 

照射された光も黄色いということがわかります。

 

 

6000Kに交換しましたが、白くなったのがわかるでしょうか。

 

 

照射光も白くなりましたが、この程度の白さでしたら雨天でも見やすいと感じます。

 

 

こちらが雨天時の視界ですが、いかがでしょうか。

 

 

こちらは天気の良い日ですが、どうでしょう、6000kでもこれなら見やすいと思いませんか。

交換はとても簡単

HIDのバルブだけの交換はとても簡単です。

 

時間は10分ほどで完了です。

 

電源のプラスとマイナスとアースの3本の線を外してHIDをヘッドライトから外し、新しいHIDを付けて線をつなげるだけです。

 

購入しているHIDのバルブがストレートタイプですから、ヘッドライト内部に水などが入らないようにするブーツも加工など必要なく、簡単に装着できます。

 

 

 

7ヶ月使用したバルブはまだまだ綺麗な状態でした。

 

 

ストレートタイプですからブーツに綺麗に収まっています。

 

 

外してはめるのはこの3本の線だけです。

 

 

 

昼間に見ますと青白いですね。

 

 

配線が終わりましたら固定して出来上がりです。

サイト管理

当サイトに関してのご連絡はこちらにお願いします。
素人調査隊 自動車部
sutekinatabinotomo@yahoo.co.jp