30,000kmを走行した車体状況

日本でFJクルーザーが購入して3年目に入りました。

 

走行距離も30,000キロを超えましたので、自分でオイル交換をする際に車体の各部分をチェックしてみました。

 

もっとも壊れないといわれている日本車で、さらに強固と言われているランドクルーザー系列の車両にとって3万キロはまったく問題ないのは当然のことなのですが、今回もそういったことの確認作業となりました。

 

エンジンルーム内はホコリをかぶっていますが、まったく問題なくウエスで拭けばとても綺麗な状態です。

 

FJクルーザーは構造としてエンジンの下部が覆われていますので、あまり汚れないのではないでしょうか。

 

個人的な意見ですが、通勤などで毎日走行している車にしては良い状態なのではないでしょうか。

 

さすがランドクルーザーの系列らしく経年変化が少ない車だということが乗っていてよくわかります。

 

私のFJクルーザーは一番ベーシックなバージョンですが、3万キロの走行距離の中古車が287万円で販売されていました。

 

寝落ちが少ないなと思ったのですが、3年目を迎えた自分の車を見ていても車体のやれがほとんど見られないことからも納得ができます。

 

新車のベースグレードの価格が315万円ということを考えれば、中古車の値落ち金額の少ないのは驚きです。

 

ただし不満な点もあり、気になる点はオートマチックの段差が如実なことです。

 

購入時に見たFJのインプレッションではある程度走行すれば改善されるという記事がありましたが、残念ながら私のFJは現在も購入時と同じような状況です。

 

現在のオートマチックの性能水準と比べますと、かなり落ちる性能ではないでしょうか。

 

3年も乗りましたので慣れたといえば慣れたのですが、たまにアレ?と思う時もまだあります。

 

乗り心地はとても良い水準で、Xリアスのコーナーで妙に傾かないコーナーリングと共に楽しんでいますので残念なポイントです。

 

エンジンのアイドリング回転数は740rpmと表示されていますが、私のFJのアイドリング回転数は低く600rpmほどとなっています。

 

もちろんエンジン個々によって違うと思いますが、なぜか私のFJの回転数は600 rpmほどが好きなようです。

 

一度点検で上げてもらったのですが、いつのまにか戻っていました。

 

 

 

 

 

燃費の変化について

3万キロとなった現在の平均燃費はリッター7キロ前後といった水準です。

 

朝晩の通勤には渋滞がありますので、燃費はこんなものでしょう。

 

ただし、通勤ではなくドライブで排気量4,000ccの加速を楽しむ走行をしますと燃費は6キロ以下となります。

 

高速道路を利用したクルージングでもリッター8キロまでしか行きませんので、燃費はあまり変化が少ないのではないでしょうか。

 

燃料の残量警告が点灯しますとガソリンは55リットルほどの量の給油となりますので、給油には1万円札が必要です。

 

私の場合は1ヶ月のガソリン代金は3万円から4万円となっています。

 

FJ購入予定の方は走行距離もありますが、ハイブリッド車の燃費とはまったくかけ離れたFJクルーザーのガソリン代金負担の覚悟が必要ではないかと思います。

オイル交換について

オイル交換はフィルター交換をしない場合は自分で行います。

 

FJクルーザーはロードクリアランスが高いので車体の下にもぐりこむのが簡単です。

 

作業がしやすいのでオイル交換は20分ほどで終わります。

 

見て頂いた通り5,000キロも走りますとオイルはやはりかなり汚れています。

 

 

オイルは6リットルで3,000円ほどのものを使用し、オイル処理箱が300円ほどですから格安でのオイル交換となっています。

 

今までホームセンターの格安オイルを使用してきてまったく問題ありませんし、交換時の粘度も触ってわかりますが、5,000キロ走行後でもまったく問題ないのではないと個人的には思っていました。

 

FJクルーザーのボンネットにはオイル交換などの時期の表示がありますが、これはちょっと驚きの表示です。

 

エンジンオイル交換は1.5万キロとなっています。

 

 

オイルフィルタもその際に交換すると良いようです。

 

日本ではエンジンオイル交換は3,000キロと言われていますが、本当にランクルが必要な過酷な環境でオイル類もあまり手に入らない地域では1.5万キロが当然なのでしょうね。

他の油脂類

オイル交換のついでにエンジンルームの状況ももちろんチェックします。

 

30,000キロということで冷却水を見ましたが、こちらもかなり綺麗な状態となっていました。

 

 

ブレーキフルードも車検時にもまだ交換は必要のない状態ではないでしょうか。

 

 

パワステオイルは少し汚れてきていますが、もまだまだ使える状況ですから、車検時に交換するかどうかは相談しようと思っています。

 

 

バッテリーは状態を表示する高価なタイプではありませんので状態がわかりません。

 

 

車検時までにはバッテリーは自分で交換する予定ですが、交換するのはバッテリー状態のわかるインジケーターが付いたものが良いかなと思います。

 

FJのバッテリーはヤフオクで購入しますと、パナソニック製が14,000円ほど、韓国製なら7,000円ほどで購入できます。

 

FJの前に所有していた車両は韓国製のバッテリーを利用していましたが、こちらは2年はまったく問題なく使用できていましたので、次回も格安バッテリーで良いかなと思っています。

 

ちなみにその際使用していたのはATLASというメーカーでした。

 

総合的な感想について

FJクルーザーの感想は今まで乗った車の中では、一番ヤレや傷みを感じない車だと思っています。

 

それは国産車だけでなく実際に所有していたBMWやメルセデス、ゴルフとの対比も含めてです。

 

4駆ですと以前所有したことがありますMビシのPジェロよりも良い状態ではないでしょうか。

 

シートのへたりは国産車ではどうしようもない問題だと思っていますので、比較対象外にしていませんが、ボディとエンジンに関しては、FJはとても良い状態を保ていると思います。

サイト管理

当サイトに関してのご連絡はこちらにお願いします。
素人調査隊 自動車部
sutekinatabinotomo@yahoo.co.jp